News & Event

2014.12.27

社会科学院:2015年の不動産引き続き下落

 中国社会科学院は最新の住宅グリーン白書「中国住房発展報告(2014ー2015)」で、来年の中国本土の不動産市場は緩やかに下落。引き締め策は全面的に撤廃となり、少なくとも半分以上のデベロッパーが不動産市場から姿を消すと予測した。

 白書では、2014年は本土の不動産投資・投機ブームが去り、大都市並びに中規模都市の不動産価格が下落した。分譲住宅は供給過多となり、成約量は減少、不動産在庫が膨らんだと分析した。

 2015年の不動産市場も、一線、二線都市(大規模、中規模都市)の不動産価格が引き続き下落し、三線、四線都市(小規模都市)も安定的ではあるものの緩やかに下落すると予測した。

 ただし、市場全体が崩壊することはなく、ソフトランディングとなる。今後は地方政府がそれぞれ不動産救済策を打ち出し、購入制限などの不動産引き締め策は全面的に撤廃となるみており、不動産在庫が膨れ上がり、半分以上のデベロッパーは他の業種に鞍替えするか淘汰されると指摘した。12月27日『星島日報』が伝えた。


スポンサーリンク