News & Event

2013.04.21

ホットマネーで人民元高、輸出に懸念

 中国本土ではホットマネーの流入が人民元相場を押し上げており、輸出への影響が懸念されている。4月20日、中国商務部の傘下に属する国際貿易経済合作研究院の霍建国・院長は、ホットマネーが中国に流れ込んでいるため、人民元レートは上昇すると指摘。人民銀行の易網・副行長は人民元レートの1日の上下限を拡大することになるだろうと述べた。
 先週、人民元は米ドルに対して過去半年以来、1週間当たり最大の上げ幅を記録、中間レートは19年来最も高い1ドル6.1723元に達した。中国国際経済交流センターの学者、張永軍氏は最近の人民元の上昇速度は速過ぎると述べ、輸出への影響を懸念した。
 本土では外貨準備高が増加しており、ホットマネーの流入が加速していることを示している。霍院長は、人民元の上昇と日本円は相反しており、日本の量的緩和策により円は今後も下落すると述べ、年内に1ドル110円まで下がると予測した。4月21日付け『星島日報』が伝えた。


スポンサーリンク