News & Event

2014.12.11

デモ隊の強制排除で多数の逮捕者 金鐘の道路開通

 12月11日、香港警察は裁判所の命令に基づき金鐘(アドミラルティー)の数カ所の道路を塞いでいたガードレールなどの撤去作業を行い、退去に応じず座り込みを行っていた多数のデモ参加者を逮捕した。撤去作業は目立った混乱もなく終了し、同日夜10時45分にはハーコート・ロードを始めとする金鐘で封鎖されていた道路すべてが開通した。

 2017年の普通選挙の導入のあり方をめぐる抗議行動「セントラル占拠」の最大占拠となっていた金鐘の強制排除は、同日午前9時に訴えを起こしていたバス会社の弁護士が裁判所の命令文を読み上げ始まった。警察はデモ隊に対し、撤去作業を開始する11時までに荷物をまとめて自主的に退去するよう警告。11時以降はデモ隊や市民の占拠区への出入りは禁じられ、バリケードなどの撤去作業が始まった。

 金鐘には朝から多数の著名人や政治家が集まって座り込みを続けており、セントラル占拠の黒幕といわれ、アップル・デイリーなどを発行する「ネクスト・メディア」経営者の黎智英(ジミー・ライ)氏、民主党創設者でデモの首謀者の1人と目される李柱銘(マーチン・リー)氏、工党主席の李卓人・氏、立法会議員で民主党主席の劉慧卿(エミリー・ラウ)氏、何俊仁(アルバート・ホー)氏、人民力量の陳志全(レイモンド・チェン)氏、歌手の何韻詩(デニス・ホー)氏、「長毛(ロングヘアー)」の異名を取る民主派議員の梁国雄・氏と香港専上学生聯会(学聯)の周永康・氏も逮捕された。

 今回の撤去では激しい衝突も予想されたが、過激派のリーダーらが同日早朝に自宅で相次いで逮捕されていたこともあり、目立った混乱はなかった。当初は同日に銅鑼湾(コーズウェイベイ)も強制排除が行われると伝えられたが、日を改めて行われるもようだ。12月11日付け香港電台(RTHK)などが伝えた。


スポンサーリンク