News & Event

2011.10.28

民主派献金問題 担当は米共和党メンバー

民主派の重鎮マーチン・リー氏(右)と香港カトリック教会司教の陳日君・氏も献金疑惑がもたれている

民主派の重鎮マーチン・リー氏(右)と香港カトリック教会司教の陳日君・氏も献金疑惑がもたれている

『りんご日報』などを発行する壱伝媒集団(ネクストメディア・グループ)の黎智英(ジミー・ライ)会長による民主派政党などへの政治献金問題で、献金処理を担当している人物が米国共和党香港支部主席であることが明らかになった。

26日付香港各紙によると、この人物は同グループ傘下の壱伝媒動画のマーク・サイモン商務総監。米海軍で情報工作に従事した経験を持ち、父親は米政府に勤務していた。黎氏による政党への献金処理をすべて担当しているほか、政党が『りんご日報』に広告を掲載する際も彼の承認を必要としている。

また壱伝媒集団幹部の身分で過去8年間に20回余りにわたり米政界への献金を行っている。一方、黎氏からの献金疑惑がある陳方安生(アンソン・チャン)元政務長官について一般市民が25日、廉政公署(ICAC=汚職取り締まり署)に通報した。130万ドルの献金の大部分が使途不明で、公衆の利益にかかわる疑いがあるとして調査を要求している。(2014年10月27日『日刊香港ポスト』


スポンサーリンク