News & Event

2014.09.04

民主派 全人代決定受けセントラル占拠準備

 全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会が8月31日に発表した行政長官の普通選挙問題に関する決定を受け、民主派は立法会での否決やセントラル占拠の実施を表明した。9月1日付香港各紙によると、民主党の劉慧卿・主席は決定を強烈に批判したほか、民主派議員のうち25人は立法会で改革案を否決しセントラル占拠を支持する声明に署名した。

 セントラル占拠行動の戴耀廷・発起人は各界とともに抗争を開始し、最後は全面的なセントラル占拠を決行すると発表。タマール公園ではセントラル占拠始動の集会が行われ、主催者発表で5000人、警察の推計ではピーク時に2640人が集まった。

 学民思潮のメンバー約1000人は集会後、全人代常務委員会の李飛・副秘書長(基本法委員会主任)が同日夜に来港して宿泊する湾仔のホテルまでデモ行進。警察との衝突も発生した。消息筋情報では全面的なセントラル占拠は10月1日の国慶節(建国記念日)前後ともみられている。(2014年9月2日『香港ポスト』


スポンサーリンク