News & Event

2014.11.30

旺角で強制排除 商店主「以前よりひどい」

 2017年に施行が予定されている普通選挙のあり方をめぐる学生を中心とした大規模なデモ行動は発生から2カ月が過ぎた。学生や市民が座り込みを続けている香港の3カ所の占拠区のうち九龍半島の旺角(モンコック)で11月27日、裁判所の撤去命令に基づく警察の強制排除が行われた。

 旺角は占拠区の中でも急進的な民主派グループ「熱血公民」「イナゴ駆逐行動」「香港人優先」などに加え、最近はVフォー・ヴェンデッタのマスクを被った不気味な過激派グループも出没していたことから強制排除は混乱を極め、警官隊は激しく抵抗するデモ隊に催涙スプレーや警棒を使用してバリケードやテントの撤去作業を完了させた。

 だが強制排除の際の警察の暴力行為が問題視され、一部市民がデモ隊と間違われ警察から棍棒で殴られたと訴えている。また、撮影中のカメラマンなどメディアも警察から暴言と暴力を受けたとして警察署に通報する構えだ。警察の撤去時作業時、「学民思潮」のリーダーの黄之鋒・氏と「香港専上学生聯会(学聯)」のリーダーの1人、岑敖暉・氏を含む複数のデモ隊メンバーが公務執行妨害や警察の要請を聞き入れなかったとして逮捕された。黄氏と岑氏はすぐに保釈され、1月14日に黄氏の裁判が行われる。

 同日以降、通行不能となっていたアーガイルストリートとネイザンロードの一部道路が開通したが、一晩中デモ隊とみられる市民約1000人が尖沙嘴(チムサーチョイ)、油麻地(ヤウマテイ)、旺角を歩行し、「ショッピングに来た」「小銭を落とした」「靴ひもがほどけた」などと言って道路で立ち止まり車の通行を塞いだり、店舗のショーウインドーに群がるなどの行為を繰り返している。

 このため未だ多数の警察が配備され、不審者に職務質問を行い、過度に交通を妨げる行為を繰り返した場合は連行しているが、占拠が行われていたときよりも状況がひどく、商いにならないと早めにシャッターを下ろす店も出ている。11月28日付け香港各紙が伝えた。


スポンサーリンク