News & Event

2013.10.30

深圳空港の新エアポートエリアが11月末に供用開始

10月30日付け『星島日報』によれば、深圳市宝安区の深圳宝安国際空港のニューエアポートエリアが28日早朝6時に正式共用を開始する。旧エアポートエリアは11月27日の夜10時に共用を停止し、以降すべての旅客はニューエアポートエリアを通過して出入国を行う。
ニューエアポートエリアは建築面積45万平方メートル。開放感のある近未来的な造りとなっており、旅客のキャパシティーは年間述べ4500万人。世界各国・地域で現在運行されている全タイプの航空機の離発着ができるという。


スポンサーリンク