News & Event

2013.12.25

1頭席は181元、アモイ—深圳の高速鉄道が28日運行

 広東省深圳市と福建省廈門(アモイ)市を結ぶ高速鉄道(高鉄)が12月28日の土曜日に正式に運行を開始する。中国本土の鉄道サービスを行う中国鉄路客戸服務公司がオフィシャルサイトで発表した。深圳北駅からアモイまでの所要時間は4時間、1頭席は181元、2頭席は約150元。同区間の格安航空券の5分の1という利用しやすい運賃説定になっている。
 深圳—アモイ、福州方面は毎日4便、深圳—上海、杭州、南京方面の直通は毎日1便。ただ、有識者は今後もこの価格のままとは限らないと指摘。最初に安く設定しているのは乗客を引きつけるためで、その後乗客が減少したら運賃を上げる可能性があるとコメントした。12月25日付け『星島日報』が伝えた。


スポンサーリンク